一般媒介契約の活用

男性と女性

デメリットを克服する手段

不動産を売却したいときに仲介手数料を払いたくないと考えたら仲介手数料無料の業者を利用して媒介契約を結ぶという手段があります。仲介手数料は必ずしも不動産業者が請求しなければならないものではないため、売主に対してメリットになるように仲介手数料無料としている業者もあるのです。このときに重要なのが一般媒介契約を結んでできるだけ多くの業者による仲介を受けることです。仲介手数料無料としているときには業者側は自ら買主を見つけられなければ仲介手数料を手に入れられなくなってしまいます。そのため、レインズへの登録が遅くなっていたり、他の業者からの問い合わせに対してあまり積極的に売る姿勢を見せなかったりすることがあるのです。このデメリットを克服するために重要なのが、多くの業者と一般媒介契約を結んでそれぞれに販売努力をしてもらうという手段です。仲介手数料無料としている業者は一つではないので、網羅的に一般媒介契約を結ぶという程度の気持ちを持って取り組むと良いでしょう。より多くの人に物件について知ってもらい、問い合わせがあったときには応じてもらえるようにするという意味で有効な対策の一つです。もともと魅力のある物件を売りに出すというときであればあまり多くの業者に頼らずとも済む可能性もありますが、少しでも確実性を高めたいと考えたら保険をかける気持ちでできる限り多くの業者と一般媒介契約を結ぶのが安全な方法でしょう。